皆様、おはようございます。
発達凸凹学習塾86(はる)担当講師の谷口啓子です。

昨日,金沢市と北國新聞の後援をいただき,当塾主催の講演会を開催いたしました。
テーマは「社員全員発達凸凹 ~はたらきやすさって?~」です。
講師は,代表小坂でした。

第1部では,私たちの凸凹特徴を紹介しながら,株式会社MOYUでの仕事における具体的な支援方法について紹介させていただきました。

また,第2部では,参加者の皆さまから,それぞれの職場における凸凹課題について話していただき,代表が解決策をアドバイスするという内容でした。

今回は、どの課題を解決する際にも、共通するワードがありました。
1)解決するには時間がかかる
2)第三者の意見を聞くことが大切
ということです。

私たちは,どうしても課題を早急に解決したがります。実体験や収集した情報を使って,自分の力で解決しようとします。

しかし,早急な解決を求めるとイライラが募り,また自分の力での解決も感情的になってしまい,つい冷静な判断力が鈍ってしまいます。もったいないです。

私自身,相当な凸凹の持ち主です。この扱いづらい私を,じっくりと育成してくださる代表は凸凹経験豊富です。
どうぞ,お仕事上,気になることがおありでしたら,お気軽にご相談いただければと思います。

発達障害  学習塾発達障害  学習塾