おはようございます。
発達凸凹学習塾86(はる)担当講師の谷口啓子です。

皆さんには,苦手なことってありますか?
私は,人とのコミュニケーションが苦手です。

教師の時から人に教える立場でありながら,ずっとずっと苦手で、人の気分を害する名人でした。幼いころからずっと。
ですので,友達もなかなかできませんでした。今の友達には,このような私を受け入れてくれて,感謝しています。

私は,こう思っていました。
「私には,コミュニケーション力はない,それは,これからも変わらないだろう。」と。
しかし,それは違っていました。
私は,人よりコミュニケーションが「苦手」なだけで,そのコツを教えていただける環境があり,その過程を見守ってくれる周りの応援があれば,少しずつできるようになるものなのです。
現に,まだまだ苦手ですが,コミュニケーションの取り方が少しずつ分かるようになってきました。弊社の代表や先輩たちが私を教育して下さっています。

この,「できないことができるようになる」感覚って,大人の私でも、とっても嬉しいものです。

ご自分のお子様,関わりのあるお子様は,何か苦手なことはありませんか?
子どもは何でも「できるようになりたい!」と思うものです。きっとその子なりに,がんばって努力はしたでしょうが,結果が伴わないと「私はできない,僕はできない」という気持ちを持つのです。
私のコミュニケーション力と同じです。
その子に応じたやり方を見つけてあげて,その子が習得できる方法を見つけてあげることで,それはもしかしたら「できる」のかもしれません。苦手なのは,やり方が合っていないだけなのかもしれません。

「できないことができるようになる」自信は,子ども達が大人になった時に,前向きな人生を歩む大きなエネルギーとなります。

お子様のオリジナル学習法を86と一緒に見つけてみませんか。

どうぞ、保護者の方が考えを広げ、お子さんを受け入れてもらえたなら、笑顔いっぱいの「むにむに」が生まれるでしょう。
たくさんの「むにむに」が生まれるように、私共も頑張ります。

発達障害  学習塾発達障害  学習塾