皆様,こんにちは。
学習塾MOYU・発達凸凹学習塾86(はる)主任の谷口啓子です。

今週より,私たちが住んでいる金沢市内の小中学校でも,授業が再開となりました。
塾生のお子様も,久しぶりの授業や休み時間のこと,給食のこと,とても楽しそうに話してくれます。
それぞれが,それぞれの穏やかな生活に戻りつつあることを願うと同時に,まだまだ油断はできません。
手洗いうがい,マスクによる咳エチケット,免疫力を落とさないための生活(睡眠,適度な運動,温かい物を食べる)を心がけていきたいものです。
 
さて,その免疫力を司る「腸」ですが,シリーズでお話してきた役割。
最後は「浄血」です。

よい腸内環境は,腸内腐敗を防ぎ,きれいな血液を作ります。
血液は体の健康状態を映し出す鏡です。主なお仕事は酸素や栄養の運搬です。
食べた物で身体が作られるのは,このお仕事があるからです。
しかし,血液は,いい成分悪い成分を選ぶ力がないので,何でも運んでしまおうとします。つまり,腸の不調で身体の毒素がたまっていると,それも運んでしまいます。
腸に穴があく「リーキーガット症候群」であると,アレルギーにつながるものまで,血液に流入してしまう可能性も。
やはり腸が健康であることは,浄血の第一歩。全身健康の第一歩です。
 
ここでもう一度,腸が健康であるために大切なポイントをまとめます。
①発酵食品・食物繊維を取る
②食品添加物が多く含まれている食べ物を避ける
③適度な運動をする。
④生活に笑いを!
⑤奥の手「乳酸菌生成エキスプラスBE-LAC」を一か月使う。(お待たせしました!今週末入荷です)
 
腸が元気なら,学習の理解,集中力,感情コントロールが今よりも格段にアップします。
また,今の時期の悩みの種の「花粉症」の症状も軽くしてくれます。
根本的な改善というのは,すぐの変化が分かりづらいものです。
しかし,5年後10年後,お子様が大きくなったときに結果が現れることを期待して,育菌を意識してみてはいかがでしょうか。
 

 

 

学習塾MOYU・発達凸凹学習塾86(はる)では,無料相談(60分)を随時行っております。
お気軽に,こちらからお問合せ下さい。

86(はる)では、ペアレントトレーニングのムービー講座も開講しておりますので、ぜひご覧ください。


★ムービー講座「ペアレントトレーニング ダイジェスト版

当塾が,石川テレビで紹介されました!



★姉妹塾「学習塾MOYU」ホームページは,こちらから


★発達凸凹チェックアプリ「86チェッカー」は,こちらから