皆様,こんにちは。
MOYUスタッフ,チャイルドカウンセラーの中村です。

「突風」といっていいくらいの強い風が,吹き荒れています。
会社の周りも,履けども履けども,どこからともなく落ち葉が集まって来て,30分後には元通り… (汗)
それでも,諦めずに頑張ります!


さて,私自身が経験した個性的な3人の子育て「発達凸凹あるある」エピソードを発信させて頂きます。
今回は、その23回目。
「前歯が欠けちゃったエピソード」です。

小学3年生の5月より不登校になり、ADHD(注意欠如多動性障害)の診断を受けた次男は、自転車に乗っていての怪我も多くありました。

高学年の頃、当時所属していたバレーボールのコーチの車が通りがかった際、自転車で転び,自らガードレールにぶつかり、前歯が欠けてしまったことがありました。
コーチもビックリなさったと思います。

軽い坂道で周りをよく見ずに、中央から急ハンドルを切ってしまい,バランスを崩したようです。
まさに「注意欠如」
急に飛び出したりすることが多く、逆に車を運転する方にご迷惑をおかけすることが何度かあり,申し訳なかったです。
そしていずれも大きな怪我に至らず,幸いでした。

そんな彼も,今は社会人として東京で一人で生計を立てています。
私がMOYUに関わらせていただき,代表の指導を受けているお陰なのです。

 

学習塾MOYU・発達凸凹学習塾86(はる)では,無料相談(60分)を随時行っております。

お気軽に,こちらからお問合せ下さい。

 

86(はる)では、ペアレントトレーニングのムービー講座も開講しておりますので、ぜひご覧ください。

★ムービー講座「ペアレントトレーニング ダイジェスト版


★姉妹塾「学習塾MOYU」ホームページは,こちらから

★発達凸凹チェックアプリ「86チェッカー」は,こちらから