皆様、こんにちは。
学習塾MOYU・発達凸凹学習塾86(はる)主任の谷口啓子です。

週末,日本LD学会第28回大会に参加させていただきました。
お天気にも恵まれ,会場となるパシフィコ横浜周辺では,横浜マラソンが開催され、大変にぎやかな中での大会でした。

私の今回の一番の目的は,海外の研究の情報を知ることでした。その中でも,David Parker先生による講演「発達障害者へのコーチングの方法」は大変興味深かったです。
発達障害者は,平均もしくは平均以上の知的能力があるにも関わらず,しばしば実行機能の困難を抱えている場合があります。そのために「すぐに取り掛かることができない」「計画が立てられない」「継続することができない」「整理整頓ができない」などといった困り感があることが多いです。

日本では,まだまだ発達障害者へのコーチングの効果が認められていません。しかし,2日目の明星大学 秋元 孝城先生の講演から、その可能性は十分にあると感じました。
改めて感じたのは,人は様々なハードルがあったとしても,目標・目的を明確に持ち,具体的な方法がわかり,また傍で見通しを持たせてくれる人がいたならば,「変わっていくことができる」ということです。やはり,「人の力」なのです。

私は,パーカー先生の何とも言えない穏やかで,でもきっぱりとした口調に,「可能性」を感じました。
あきらめずに,信じて進むことで,見えてくるものがあります。
「だれのために,行動が必要なのか?」
「見て見ぬふりをいつまでするのか?」
私たち大人が,子ども達の「セーフティーネット」になる。

大切にしなければならないことを再考させていただく機会となりました。

 

 

学習塾MOYU・発達凸凹学習塾86(はる)では,無料相談(60分)を随時行っております。

お気軽に,こちらからお問合せ下さい。

86(はる)では、ペアレントトレーニングのムービー講座も開講しておりますので、ぜひご覧ください。

★ムービー講座「ペアレントトレーニング ダイジェスト版


★姉妹塾「学習塾MOYU」ホームページは,こちらから

★発達凸凹チェックアプリ「86チェッカー」は,こちらから