皆様,こんにちは。
MOYUスタッフ,チャイルドカウンセラーの中村です。

今年ほど,台風のニュースを耳にする年は,近年なかったように思います。
つい先日も,千葉県で大きな被害が出たばかりなのに,今日も金沢では,激しい風が吹いております。
何事もないことを願うばかりです。

さて,私自身が経験した個性的な3人の子育て「発達凸凹あるある」エピソードを発信させて頂きます。
今回は、その17回目。
「年長児の運動会でのエピソード」です。

 

小学3年生の5月より不登校になり、ADHD(注意欠如多動性障害)の診断を受けた次男ですが、年長の頃はとても活発で積極的でした。

運動会のメインの鼓笛隊では,皆と一緒にテキパキとこなしていて、とても感動したことが思い出されます。

時折、「あのまま伸び伸びと育ってくれていたら…」と思うことがあります。
活発過ぎた行動を抑えたいことが多かったからです。


早くから子供の個性が分かることは、お子様の可能性を伸ばす大切なことと思います。

そして,今は安心してお子様の相談でき,指導も受けられる機関があります。
少しでも早くお子様の個性が分かり,才能を伸ばしてあげることが出来たら素敵ですね!

 

 

86(はる)では、ペアレントトレーニングのムービー講座も開講しておりますので、ぜひご覧ください。

★ムービー講座「ペアレントトレーニング ダイジェスト版


★姉妹塾「学習塾MOYU」ホームページは,こちらから

★発達凸凹チェックアプリ「86チェッカー」は,こちらから