皆様,こんにちは。
MOYUスタッフ,チャイルドカウンセラーの中村です。


秋分の日が過ぎ,日が暮れるのもだんだんと早くなってきました。
つい先日まで聞こえていたセミの声も,今では鈴虫に取って代わり,「秋本番」を肌で感じる毎日です。

さて,私自身が経験した個性的な3人の子育て「発達凸凹あるある」エピソードを発信させて頂きます。
今回は、その16回目。
「地域イベントでのエピソード」です。

 

小学3年生の5月より不登校になり、ADHD(注意欠如多動性障害)の診断を受けた次男ですが、評価をいただいた出来事もありました。

地域の牛牧場のイベントに毎年 年長児童が招かれるのですが、
イベント前に牛牧場を見学に行って,牛さんの絵を描いていて,なんと次男の絵が「町長賞」を受賞したのです!
表彰式にも参加させていただきました。

個性豊かに,画用紙いっぱいに描かれた大きな牛さんの顔が,評価されたようでした。


今回のエピソードは,子どもの特徴がプラスに出た結果の一つと言えるでしょう。

お子様の行動に悩みを持たれるご家族様へ。
少しでも早くお子様の特徴が分かると、得意なことを見出し上手に伸ばして上げることが可能となります。
今は安心して相談でき,指導も受けられる機関があります。

ぜひ,当塾まで お問合せ下さい!

 

86(はる)では、ペアレントトレーニングのムービー講座も開講しておりますので、ぜひご覧ください。

★ムービー講座「ペアレントトレーニング ダイジェスト版


★姉妹塾「学習塾MOYU」ホームページは,こちらから

★発達凸凹チェックアプリ「86チェッカー」は,こちらから