皆様,こんにちは。
MOYUスタッフ,チャイルドカウンセラーの中村です。

ひどい雨が続きますが,皆さんの地域はいかがでしょうか。
被害が出ないことを祈っております。

 

さて,私自身が経験した個性的な3人の子育て「発達凸凹あるある」エピソードを発信させて頂きます。
今回は、その12回目。
「お子様とのけんかやトラブルが多いエピソード」です。

小学3年生の時に不登校となり、ADHD(注意欠如多動性障害)の診断を受けた次男でしたが、お陰様で仲の良いお友達がいて,一緒に遊ぶことも多くありました。

ところが,突然マジ喧嘩になることが多く見られ,一旦決別するのですが、少し時間が経ちクールダウンすると、何事も無かったようにまた仲良く遊ぶのです。
小学生時代は,この様な光景が良く見られました。

直ぐにカッとなり,感情のコントロールが出来なくなった時は、クールダウンするまで待つ。
特徴が分かると,納得のいく行動の一つとなりました。
そしてこんな次男でしたが、いつも仲良くしてくれたお友達には,とても感謝しております。


今は,安心して相談でき,指導も受けられる機関があります。
少しでも早く,お子様の特徴が分かると助かりますね。

そんな彼も,今は社会人として,東京で一人で生計を立てています。
私がMOYUにかかわらせていただき,代表の指導を受けているお陰なのです。

86(はる)では、ペアレントトレーニングのムービー講座も開講しておりますので、ぜひご覧ください。

★ムービー講座「ペアレントトレーニング ダイジェスト版


★姉妹塾「学習塾MOYU」ホームページは,こちらから

★発達凸凹チェックアプリ「86チェッカー」は,こちらから