皆様、おはようございます。

昨日は久しぶりに良いお天気で気持ちが良かったですね。
梅雨明けが待ち遠しいですね。

MOYUスタッフ、チャイルドカウンセラーの中村です。
私自身が経験した個性的な3人の子育て「発達凸凹あるある」エピソードを発信させて頂きます。
今回は、その6回目。
知らないおじさんに抱っこされて帰宅したエピソードです。

次男が1歳児の頃の事です。当時は義父母と同居しており、私達は主に二階で、一階には義父母が過ごして居ました。
ある夜、お風呂も入れパジャマ姿の次男が一階に行ったと思っていたら…ピンポーン!と来訪者が来ました。慌てて降りて行くと、知らないおじさんに抱っこされた次男が居たのです。
なんと一人で歩道を歩いていた次男を保護してくださり、次男が自分で「お家ここ」と言ったので連れて来てくださったとのことでした。
親切な方に感謝と冷や汗モノの出来事でした。
その夜、義母はご近所さんのお宅に出かけ、次男はその後を追って出て行ったようでした。
後に、ADHD(注意欠陥多動性障害)の診断を受けることになりました。
大変度肝をぬかれたエピソードでしたが、診断を受けてはじめてあの行動も「そうだったんだ!」と納得できました。
そんな彼も今は社会人として東京で一人で生計を立てています。私がMOYUにかかわらせていただき代表の指導を受けているお陰です。