皆様、おはようございます。
代表 小坂治美です。

暑い日が続きますが、お元気でお過ごしでしょうか。

さて、弊社は昨日「納涼祭」ということで、金沢国際ホテルでの「ものまねヒットパレード」に社員全員で行ってきました。

毎年、国際ホテルのショーに行ってますが、昨日は、ある変化に気づきました。

まず、国際ホテルのスタッフの方々が、小まめに動く!
今までは、飲み放題なので、自分で取りに行くスタイルでしたが、スタッフの方々が小まめに尋ねてくれては、お酒を用意して頂けました。
また、ショーの最中も、今までなら大人しく知らん顔で立っていたのに、手拍子を入れたり、掛け声をかけたりなどして、盛り上げる様子がよく分かりました。

よって、今までと違い、会場にも一体感が出て(特に何が面白い訳でもありませんでしたが)皆の満足度は高い状態で楽しませて頂きました。

ちょっとの工夫をするだけで、空間が変わります。
それは、家庭でも同じことが言えます。

発達凸凹学習塾86(はる)に通塾してくれたおかげで、「(お子様の)暴言が減った」「コミニュケーションが取れるようになった」といった有難い言葉を、保護者の方々からたくさん頂いております。

保護者の方の何かをプラス、あるいは行動の一部を除くことで、相手が感じる空間が変わるのです。

どうぞ、保護者の方が考えを広げ、お子さんを受け入れてもらえたなら、笑顔いっぱいの「むにむに」が生まれるでしょう。
たくさんの「むにむに」が生まれるように、私共も頑張ります。

 

発達障害  学習塾発達障害  学習塾発達障害  学習塾