皆様おはようございます。

先日、私の会社で食事会を行いました。
その際、料理をお願いしたのが、「松田美穂子シェフ」です。
この松田美穂子シェフのことを、私は「愛溢れる料理人」と呼んでいます。

昨年のことです。
奥能登に40年間、全く農薬を使わず畑をしてきた方が、高齢となり、引退する事を耳にしたそうです。その時彼女は、その畑の価値を考え、知人にお世話をお願いすることにしました。
松田シェフは、現在滋賀県にお住まいで、今でも滋賀県からその畑を見に奥能登まで往復されているそうです。

昨年の夏、私が「親子DE発達凸凹学習塾86」を開設する話をしたら、「是非、(奥能登の)その畑で子ども達に収穫体験をしてもらい、私がその食材でお料理しますよ。」と、胸が熱くなることを言って下さいました。

彼女のように、素材の畑からこだわり、知人が受け継いだと言っても見放さず、遠い距離さえも言い訳にしない!
こんなことは、情熱がなければ出来ません。
まさにプロの中のプロです!

私は、松田美穂子シェフとご縁を頂いたことを心から感謝致します。

「親子DE発達凸凹学習塾86」では、夏にイベントを行います。名付けて「未来の天才シェフ、発掘能登の旅」というのはどうですか(^。^)
楽しみにしていて下さい!

どうぞ、保護者の方が考えを広げ、お子さんを受け入れてもらえたなら、笑顔いっぱいの「むにむに」が生まれるでしょう。
たくさんの「むにむに」が生まれるように、私共も頑張ります。