皆様、おはようございます。

豆ご飯が美味しい季節です。
私は、子どもの頃には、豆ご飯が美味しいと思えませんでした。歳を重ねると、味覚も変わってくるのでしょうね。

さて、皆さんは、最近話題の「任天堂ラボ」をご存知ですか?
とても画期的で、初めてネットで見たときには驚きました。

つくる、あそぶ、わかる。
遊びの発明!

ダンボールで、ピアノや昆虫、釣りのリールなどを組み立てて、そこに任天堂スイッチを接続させる事で、リアルに音が出たり、昆虫が動いたりと、学習も出来る画期的なトイなのです。
4/20発売だったそうですが、その人気はすごいと言われています。

昔と違い、iPadやiPhone、そしてゲーム機器を使うことでいろんな世界が広がります。
発達障害のお子さまも、症状にもよりますが、こうしたものを活用することで、改善したりクリアー出来る事も増えてきました。

小さい頃から使いこなせたなら、楽しさも増えてきます。もしかしたら、お子様の「得意」が見えてくるかもしれません。
もちろん、アスペルガーのお子様には(夢中になり過ぎるため)時間を決めて使わすとか、必ず1つのルールを決める必要もあります。

親子で楽しめるものでもあるので、ご興味がある方は是非体験してみてください。

どうぞ、保護者の方が考えを広げ、お子さんを受け入れてもらえたなら、笑顔いっぱいの「むにむに」が生まれるでしょう。
たくさんの「むにむに」が生まれるように、私共も頑張ります。

 

発達障害 学習塾 発達障害 学習塾