皆様、おはようございます。

今週は、気温の寒暖差も激しいですが、お変わりありませんか。
ゴールデンウィークが過ぎてからのこの時期は、体調や精神状態が崩れやすくなります。

4月からの環境の変化に少し慣れ、ホッとしたと同時に、症状は出てくるものです。
慌てて薬を求めるより、根本治療として、自律神経を整え、ホメオスタシス(生体恒常性)を高める生活の工夫をご紹介します。

そこには、4つのポイントがあります。

1)食事
2)睡眠
3)入浴
4)運動

です。

食事は、食物繊維が豊富なものや、発酵食品をオススメします。また、意外にも、酸っぱいものや辛いものも効果的と言われています。

入浴は、ご自身の好きな香りを入浴剤にプラスすると、香りの効果はかなり期待できます。
リラックスすれば、それだけ深い睡眠も期待できます。

運動は、軽く汗が出る程度です。

5月は、いろんな花が楽しめるので、花を見ながら時間を過ごすことは、是非オススメです。薔薇やシャクヤク、ハナミズキにフジの花など、気持ちも穏やかにしてくれます。
お子様の手を引いて、40分程度の散歩は、思う以上に心を穏やかにしてくれます。
花のある生活は、とてもいいですネ。

どうぞ、保護者の方が考えを広げ、お子さんを受け入れてもらえたなら、笑顔いっぱいの「むにむに」が生まれるでしょう。

たくさんの「むにむに」が生まれるように、私共も頑張ります。

 

発達障害 学習塾 発達障害 学習寿k