86(はる)の思い

あきらめること
~目の前の事実をあきらかに見て事実を知る~

「あきらめる」というのは決してネガティブな意味ではありません。「あきらめる」とは、現状を「あきらか」に「みる」事です。まわりの子ができるのに、我が子はできない。そうです、できないのです。その事実を認める覚悟が必要なのです。できないことを、何とかしてさせようと努力する。でもできない。落ち込む。自分を責める。そして行きつくところは子どもを愛おしく思えなくなる。子育てが辛くなる。 冷静に目の前の事実を認めましょう。できるようになると我が子に期待することをあきらめてください。将来どうするの、勉強もできなくて大人になれるの…心配です。だからこそ今、できないをできるようにするのではなく、できることは何かを見つけましょう。つまり、得意なことを見つけることです。 このきっかけを作る場所が86(はる)です。多くの同じ悩みを持つ保護者様が集い、それぞれの不安を相談しながら、多くの経験をし、感性を伸ばせば、お子さまの可能性は無限に広がりを見せる事でしょう。まさか、うちの子に限ってと思っている保護者様は、チェックシートを試してみてください。心にひっかかる何かが晴れるかもしれません。

発達凸凹学習塾86 代表 小坂 治美

 

発達凸凹とは

発達凸凹とは、他の人より突出している才能を凸、逆に他の人より苦手とすることを凹として、併せ持ったお子さまの事を指しています。発達凸凹学習塾86(はる)では、お子さまの凸の才能を見つけ出し、そこをどうやって伸ばしてあげるかという事を、保護者様と一緒に学んで、経験して、発見していきます。また発達に心配のあるお子さまや、発達障害を持ったお子さまとその保護者様に寄り添うことで、お子さまと保護者様に良い変化が見られる事を目指します。

86(はる)の3つの特徴

  • DAYスタイル

    『親子でトレーニング』
    お子さまの学習の遅れを少なくし、保護者様の心もリフレッシュして頂きながら、親子で学ぶコースです。
    感覚統合の調整に効果があると言われている、「親子でダンス」もあります。

    『ペアレントトレーニング』
    発達が気になるお子さまや発達障害のあるお子さまの保護者様と、子育てに自信を無くし、子育てが辛く、悩まれている保護者様向けのコースです。同じ悩みを持つ保護者様と共通の理解を深める事で、心を軽く、子育てを楽しく前向きなものにしていきます。

    『体験学習トレーニング』
    お子さまが何に興味があるかを知ると同時に、お子さまの集中力を身につけます。
    体験時の作業工程時間を計ることは、お子さまの取り組み時間を理解し、今後の行動パターンをトレーニングするのに役立ちます。

  • 合宿スタイル

    集中してお子さまの関わり方を見直したい方や、遠方からお越しの方に体験学習やペアトレーニングを行います。ゲシュタルト石川散策※を通じてお子さまの突出した才能を見つけ出す機会を創出します。保護者様は、その経験を通じてお子さまへの関わり方を確認し見直す事に役立ちます。

    ※ゲシュタルト石川散策とは
    理屈での理解とは別に、「アッ!」「そうか!」と言った心理的、身体的に納得するような体験をさせる事、気づきを与えたり、気づいたりすることを指します。

  • 栄養指導

    第2の脳と言われている腸内環境を整えながら、現代不足しがちと言われている鉄やビタミンB群の摂取を中心とする食事を提案いたします。お子様の栄養状態によっては、栄養指導を行うことをおすすめいたします。

お子さまの「楽しい!」「わかった!」「できる!」が増えることは、お子さまの笑顔を増やします。それは同時に保護者様の笑顔が増えることになります。「お子さまの取扱説明書※」を作ることができれば、子育ては楽しく、そしてお子さまの才能は大きく突出していくでしょう。笑顔あふれる家庭環境は、発達に心配のあるお子さまや、発達障害を持ったお子さまを抱える家族の問題をいい方向に導いてくれます。多くの家族に笑顔が増えることを願っています。

※お子さまが何に興味をもちどのような行動パターンの特性をマニュアル化する事

PAGETOP